[レビュー] SoundPEATS Q30 を使ってみての評価

前回の記事でも書きましたがTwitterのプレゼント企画で「でんたん」さんからいただいたプレゼントが届きました。

Twitter界のあしながおじさんこと「でんたん」さんとは

SoundPEATS Q30の他に、おまけも沢山いただきました。

何よりも暖かい手紙が一番嬉しかったですね。

 

Q30のレビュー

今回プレゼントで頂いた「Q30」はベストセラーモデルです。

使用用途によっては良い相棒になってくれるでしょう。

正直、辛口レビューが大好きな私がここまでコスパが良いと判断したのは凄いです!(何様)

 

早速レビューをします。

開封と付属品

はい外観ですがもう3000円前後で買える物には見えません。

SoundPEATS社は高級感を出すのが上手いと思います。中身にもう少し予算を振っても良いんじゃ・・・。

中身も付属品が沢山入っています。

  • イヤホン
  • 充電用USBケーブル
  • 説明書(日本語は5ページくらい)
  • 小物入れ
  • 耳にフィットさせるためのショートパーツ
  • クリップ
  • コードの長さを調整する物

です。

ショートパーツが今回めちゃくちゃ余分に入っていたのもSoundPEATS社らしい検品だなぁと思いました。

大きさ比べ

所有している過去のモデルと大きさを比べてみましょう。

左から新しい順番です。

順調に小さく、かっこよくなっていますね!

ランニングやスポーツで使うという事は思ってる以上に重さや大きさは重要な事なのです。

いちいち取れたりしていると本当にストレスになって遠くに投げつけたくなります。

音質

音質についてですが古いモデルの頃からレベルが高いです。

ですが「Q30」から低音重視になっており「ドンシャリサウンド」になっています。

正直これは改悪だと感じました。

変な味付けになってしまい不自然です。

イコライジングは自分でするからナチュラルな音にして欲しいなと私は思いました。

よって低音が好きな人にはモッテコイのモデルになっております。

またノイズキャンセリング機能が付いていると書いていますがこれはこのイヤホンで電話に出た時のみの物です。

ややこしいですよねこれ。

良く言えば「迫力のある音と音圧」悪く言えば「ごまかしてる」といった感じです。

装着感

装着感についてですが、過去のモデルに比べ、軽く小さくなっていても「取れる」ことには変わらないなぁと思いました。

SoundPEATS社がスポーツイヤホンとして売っているので装着感は良いのかと思われますが、そんなに良くはないです。

理由は耳にフィットさせるパーツの素材の固さによるものだと思われます。

ふにゃふにゃで柔らかいのです。

このゴムの尖った部分を耳の

耳のこの部分に入れて固定します。

もう少しゴムが硬い方が良かったのですが・・・。

という事であともう一つという所でしょうか?

話は少しそれますが、私の一軍のランニングイヤホンのSENNHEISER社のスポーツイヤホンのこの部分はもっと固くて取れません。

MX 685 SPORTSというモデルです。

ちなみにこちらです。欠点は有線なことと、もう廃盤品ということです。後継機は出ています)

これはSENNHEISERとadidasのコラボの商品で5年以上前に購入しています。

有線のモデルはBluetoothより故障が少ない所は良い所ですね。

バッテリー

「Q30」は8時間連続再生と書いてありますが、やはり実際に使ってみるとそこまで持ちません。

「QY8」は5時間「Q12」は6時間となっておりますのでバッテリーは進化しているのですが、毎日通勤などで使う方などには充電の間隔が狭いとストレスになるでしょう。

いざ使いたい時に使えない事はかなり問題なので、バッテリーの持ちはまだまだこれからという所でしょうか。

ちなみに充電ポートはリモコンの側面部分です。

「Q30」総評

ベストセラーモデルのQ30ですが間違いなく先代からの進化が感じ取ることができました。

こういった商品は日進月歩で日々進化をしていくのでこれからも期待していきたいですね!

Q30の評価
音質
(3.0)
装着感
(2.0)
バッテリー
(3.0)
コストパフォーマンス
(5.0)
総合オススメ度
(4.0)

間違いなくコスパは高いです

接続によるタイムラグもほとんど無くノイズも少ないです。

これが3000円前後で買えるということはある意味革命だと思います。

しかしスポーツイヤホンという使い方は難しいと思います。

いくら防水がしっかりしていてBluetoothだったとしても耳からの脱落が多いのは正直、死活問題です。

また私は過去の記事で書いた通りランニングや他のスポーツ中はある程度外部の音が聞こえていないと危ないと思います。

ランニング中に音楽を聴く事のメリット・デメリット

なのでその高い密閉性もスポーツイヤホンとしてはデメリットになるでしょう。

考えを変えるとジムなどでは使えるかもしれませんね。

なのでスポーツイヤホンとしては点数をあげることはできませんが、普段使いのイヤホンとしては非常に高く評価をしたいです。

これからも破格とも言える安い値段でどんどん良いイヤホンを作っていってほしいと思います。

そしていつか「本当のスポーツイヤホン」を作っていただきたいと思います。

そして商品を提供してくれた「でんたん」さん、本当にありがとうございました!!

[余談] SoundPEATS社とは

SoundPEATS社ですが主にAmazonで破格ともいえる格安価格でイヤホンやヘッドホンなどを扱っている会社です。

特にBluetoothイヤホンはコスパが良く、ほとんどの商品が約3000円前後で購入できAmazonでの評価もすこぶる良いです。

過去オーディオオタクであった私からしてもこの完成度でこの値段は凄いと思います。

私とSoundPEATS社

このSoundPEATS社ですが過去に私はあまり良いイメージをもっていません。

原因はサポートです。

はっきり言ってこの値段にサポートを期待するなと言えばそうですが、私は「やり方」がどうしても好きになれない点があります。

私は3台SoundPEATS社のイヤホンを持っていますが、最初にランニング用として「QY8」というモデルの物を買いました。

しかし重すぎてランニングをすると耳から外れてしまったり暗闇で光るのが「お祭り」みたいなのが嫌でAmazonに低いレビューを書きました。

↑ 想像してください暗闇で耳から一人お祭り状態

私は嘘が嫌いなので評価の低いレビューを書いたところ、Amazon経由でSoundPEATS社からメールが来て「それよりも新しいモデルの物を送るので低い評価を消してくれ」という事でした。

もの凄い変な日本語でです。中華系の企業にありがち)

そして送られてきました!そりゃタダで新しいモデルがもらえるなんてラッキーと思っていました。

そして封を開けたらそこには同じ「QY8」・・・。

 

なんか変な笑いが起きました。

おんなじもん送ってきてどうすんねん!

そしてまた変な日本語とのやりとりのメールを開始して送っていただいたのが「Q12」というモデルでした。

Q12は完成度も高かったのですがまだまだ重く、ランニングには使えるものではありませんでした。

まぁそれはともかく、低い評価を消して欲しくて新しい商品を送るって経営的には頭良いかもしれませんがユーザーを舐めきってると思うのは私だけでしょうか?

こういったやり方が業界で浸透していかないかが心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です